Bluetoothイヤホンの最新情報やお買い得情報を配信しています!どのイヤホンも同じだと思っていませんか?奥深いイヤホンの世界見ていって下さい!

月別アーカイブ:2016年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもお世話になっているイヤホン専門店さん

e☆イヤホン

イヤホン専門店って調べたことないけど、あんまりないと思う。

けど、ここの店員はレベル半端ない。


カスタマイズイヤホンとかばんばん教えてくれる。

あ、オーディオも極めるとカスタマイズしはじめるんだけど、

これってイヤホンやヘッドホンも一緒

正直キリないんだけどね。


もはやある一定のレベルまでいったら趣味の世界だよね笑

でも1度行ってみる価値は絶対あると思う。


オススメはやっぱり秋葉原。

商品数も半端ない。

近い人は是非行ってみてね!

スポンサーサイト

スポーツマンは絶対これ!ジェイバードX2 JBDEP000008c

X2でミュージックライフを自分らしく


自分らしくを楽しめるニクい奴




Shiftコーデックによる高音質と激しい運動でも外れにくい「セキュアフィット」を採用。

連続8時間の再生時間を誇るワイヤレス防汗スポーツイヤホンです。

13.8gという軽量設計にも関わらず、長時間駆動はうれしいですよね。

山登りの登山、ジョギングなどのお供に是非一本持っていきたいですね。

そして色も何種類もあるので、自分好みにカスタマイズできるのも楽しみの1つです。


⇒ジェイバードX2 JBDEP000008cを買うならココがオススメ!

2016年春オススメイヤホンランキング

自分目線でランキングしてみたw2016年春の一押しイヤホン



第1位

これぞ、究極のワイヤレスイヤホン!なんと両耳をつなぐコードまでなくしてしまいました。

音質もなかなかいい!Bluetooth=コードレスがいい!という方は多少高くても買う価値あり!品切れ続出しています…!






第2位

なにがいいってまず一言。

音質がめちゃくちゃいいし、リモコンが使いやすい。
むしろ音質こだわらないならこれは買わない方がいい。高いだけだから。
ワイヤレスがいいけど、音質もこだわりたい人はイヤホンであれば逆にこれ一択と言えるほど!




カラーが2色あります!ブラックとグレー!
以下から確認してみてください!

⇒ブラック ならココが安い!

⇒グレーならココが安い!




第3位

2016年1月に発売されたばかりのイヤホン!オーディオ分野の大御所JBLが作ったスタイリッシュイヤホン。
以前から狙っていたので買ったら、うん、フィット感半端ない。見た目以上にしっくりくる。
イヤホンにとってフィット感って大事。自然にストレスなく音楽が聞けます。今これメイン!



渋さに一目惚れ!HUAST BTE-01 Bluetoothヘッドセット

渋くても最軽量!


CVO6.0 Bluetooth4.1採用+EDRイヤフォン(マイク内臓)、そしてカッコいい!




まず見た目がとても渋い。赤とグレーの色合いを見て即買いでした!

バッテリーも通勤には十分な再生時間ですし、

周りに音漏れしないようにノイズキャンセリング機能がついているのがうれしいですね!

もちろん、マイク内臓なので、会話も楽しめますよ!」

通勤で電車に良く乗る人にはオススメです。


⇒HUAST BTE-01 Bluetoothヘッドセットが激安で手に入る店

大注目イヤホン一覧

<2016年春>今大注目のQCYイヤホン


QCY CVO6.0 Bluetooth4.1採用+EDRイヤフォン(マイク内臓)




スタイリッシュにも関わらず、高機能で防汗にもなっているBluetoothイヤホン

おすすめポイントはやはり、同時に2台接続できてしまい、かつ駆動時間が6時間と長いところですね!
私は社用とプライベート用の2台持ちなので非常に助かっています!

実はこれAmazonや価格コムだと7000円以上するのですが、ココならそのハーフプライスで買えてしまいます笑


⇒QCY CVO6.0が激安で手に入る店


Bluetoothすげぇ!こんな所にも使われてたw

Bluetoothの対応機器は2年後には320億個になる!?



2010年にBluetooth 4.0がリリース語、その用途が非常に多岐にわたっている。

Bluetooth 4.0では、「Low Energyモード」が追加され、

消費電力を、従来のBluetooth規格の約1/10まで削減できるというすぐれものだ。


今この技術はイヤホンなどのオーディオ分野はもちろん、ヘルスケアや医療、フィットネス/スポーツなどに応用されている。

人気どころでいうとスマートウォッチなどがこれだ!

身に付ける系は小さい電池での長時間駆動が必要なため、Bluetooth 4.0の最新技術はとてもマッチしていると言えるだろう。

なので是非ワイヤレス好きとしては、そっちの情報も見逃せない!


ここのブログでは基本Bluetooth対応のイヤホンしか追及しないけどな!←俺の趣味w

合コンで自慢できるBlue(青)tooth(歯)の由来

青歯という不思議ネーミングの謎



あなた「○○ちゃん、このイヤホンワイヤレスだけど音質いいんだよ!」

○○ちゃん「そうなんだ!Bluetoothイヤホンいいよね!私も欲しいんだ。」

あなた「いいよ!ところでBluetoothって変わった名前だよねー青歯ってw」

○○ちゃん「本当だね!なんでだろう?」

あなた「


実はキーワードは混血の英雄

どういうことかというと、これはノルウェーとデンマークを無血統合した混血の英雄に関連しています。

その人は、10世紀のデンマーク王、ハーラル1世、またの名を「Blatand(浅黒い肌の英雄)」

これを英語に音訳したものが「Bluetooth(青歯王)」だったのです。

複数の機器を問題なくつなぐ技術にはまさにピッタリだったわけです。



だから俺も○○ちゃんと今夜統合したいな…!」

○○ちゃん「さすが、夜の青歯くんね!考え方も青葉のように若くて甘々SWEETな考え方ね。」


っていうことでドンマイです笑

人間関係はそう簡単ではありません、はいwww

Bluetoothってなに?

ワイヤレスの代表格、Bluetooth接続


普段の生活でコードって結構身の回りにあふれてい参りました。
あれって結構絡まるし、本当に邪魔以外の何物でもないですよね。消費者視点でみれば。

そこで最近よくワイヤレス通信として使われだしたのが、Bluetoothという技術です。
でも、Bluetoothって何なのでしょうか?Blue(青い)tooth(歯)…?ww

そこでGoogleに聞いてみると、wiki先生がこう答えてくれました。

"Bluetoothは2.4GHz帯を79の周波数チャネルに分け、利用する周波数をランダムに変える周波数ホッピングを行いながら、半径10 - 100m程度のBluetooth搭載機器と、最大24Mbpsで無線通信を行う。モバイル通信における廉価な通信端末用の規格であり、それほど厳密な送受信の制御や秘匿性は考慮されていない。"

………ほうほう (^ α ~)
なるほど、チンプンカンプンですねww

つまり、半径10-100m以内でできる通信方法で、セキュリティがしっかりしていない通信方法ってことですね←違ってたら教えてください!


とにかくその技術のおかげであの邪魔なコードとバイバイ(T_T)/~~~できるわけです!
すばらしい!!!

では実際にどんなことに応用されているのでしょうか、またどうやったら接続できるのでしょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。